• 学校概要
  • 衛生看護科
  • 入試情報
  • スクールライフ
  • 資格
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
TOPICS

藍野高等学校卒業生(3期生)の古木秀明さんが執筆した書籍が出版されました。2021年3月23日

トップへ

普段おこなっているその看護手技、機器・器具使用のエビデンス知っていますか?

本書は、臨床における普段の看護実践にどのようなエビデンスがあるのかを示すことを大きな目標として執筆されました。


「ホントに意味がある? 論文から読み解く 看護のエビデンス20

看護のエビデンス20 表紙.pngのサムネール画像

 定価 3,520円(本体 3,200円+税)

 著 古木秀明

 A5判・216

 20214月 刊行

 医学図書出版 株式会社金芳堂



【医学図書出版 株式会社金芳堂 公式ホームページURL

https://www.kinpodo-pub.co.jp/book/1858-7/?fbclid=IwAR2QjFzhtwgvhhmqDTYYNAn3KLRloCTW6dfqXGLarj_GGwu7su1982WRQRU

 

出版を記念し、古木さんよりコメントを頂戴しました。

 『私が看護師として働いている中で「これって実際のところ根拠があるのかな。」と疑問があり、そのことについて医療系のウェブマガジンで連載していました。そんなときに、出版社の方からこの連載を基に書籍化しませんかというお誘いを頂いたのが出版のきっかけです。看護の領域でエビデンスに基づいた書籍というのは決して多くはありません。そういった点でも、「こんなエビデンスがあるんだ。」と楽しんで読んでもらえる内容だと思います。私と同じような疑問を一度でも感じたことのある人には是非読んでいただきたいです。勿論、そういう経験がなくても、論文やガイドラインなどのエビデンスに関心のある全ての看護職とそれを目指す方々にも読んでもらえると嬉しいです。』

 

最後に、保健師を目指す在学生にメッセージ

 『保健師が発揮できる役割はとても多いと思います。個人レベルでの健康問題から集団全体の健康問題までをも扱うことが出来ますし、領域も多岐にわたります。今後、プライマリケアの需要が高まる可能性が高いことや、新興感染症等の対策の重要性が増していくと考えられることからも保健師の存在意義はより大きなものになっていくと感じます。

私自身、藍野で医学や看護学には実験レベルのミクロな視点から、個人レベルでの視点、公衆衛生のような集団を対象とした視点等の幅広さがあることを学ぶことができました。保健師を目指して勉強することは自分自身の財産に成ると思うので、頑張ってください。応援しています。』

 

古木秀明様.JPG








【プロフィール】

古木 秀明(ふるき ひであき)さん

199361日生まれ。大阪府出身。

20123月 藍野高等学校 衛生看護科 卒業

20143月 藍野大学短期大学部 第一看護学科 卒業

20153月 藍野大学短期大学部 専攻科(地域看護学専攻) 卒業

2015年から約6年間、病院で看護師として勤務し、現在は大阪府立大学 大学院 

看護学研究科の学生として看護学研究の傍ら、研究補助や教育補助を行う。

 

ページの先頭へ

  • オープンスクール等イベント参加申し込みはこちら
  • 資料請求はこちら
  • 明浄学院高等学校(支援契約締結校)
  • オンライン個別相談お申込みはこちら
  • よくあるお問い合わせ
  • 平成26年度 学校評価
  • いじめ防止基本方針
  • 藍野学院
  • 藍野中央図書館